内藤瑶子 個展『ブラブラ・リバティン』

内藤瑶子 個展『ブラブラ・リバティン』

2021年09月04日(土)-2021年09月12日(日)
ロイドワークスギャラリー

内藤瑶子に初めて出会ったのは今から17年前、羽黒洞木村東介での個展、内藤がまだ10代であったことを記憶している。
私がまだギャラリーなどを運営することも想像もせずに、ただ美術事務所として羽黒洞の下に小さな事務所を構えたタイミングだ。
そして内藤の個展に訪れた時の感覚は今でも覚えている。まだ私も30そこそこと若かったが羽黒洞木村東介という大御所の画廊でさらに私より10以上も若い内藤瑶子が、当時の私には難解な作品ではあったが堂々たる個展をしていた。
この時に内藤が発表していた木版画を一点買ったが、この作品が私が初めて画廊で買った作品であるし、この時の体験が今も私が若い作家たちと一緒に展示を展開するきっかけになっている言っても過言ではない。
特とした美術教育を受けていない彼女が版画技法とペインテングを組み合わせて至る現在の独自の表現技法と世界は、何にも属さず真に自由に創作活動を展開してきた結晶と言える。
今回の展覧会タイトル「ブラブラ・リバティン」はその内藤瑶子のアーティストしての在り方を彼女なりのユーモアで表現したものである。
ブラブラ リバティン=放蕩者 自由主義者
本展にて純粋培養の芸術家である内藤瑶子の表現世界をご高覧頂ければ幸甚です。

AaP/roidworksgallery 井浦歳和

 

内藤瑶子|Yoko Naito

展覧会概要

内藤瑶子 個展「ブラブラ・リバティン」
会期: 9/4(土)-9/12(日)
営業時間:12:00-19:00 会期中無休
会場:ロイドワークスギャラリー
東京都文京区湯島4-6-12
湯島ハイタウンB棟1F
TEL/FAX 03-3812-4712
https://roidworksgallery.jimdo.com/

 

デジタル図録のご案内

デジタル図録をご用意いたしました。
こちらより、お申し込みください。
▼デジタル図録リクエスト
https://art-and-pulse.com/digitalbookorder

 

内藤瑤子個展|Art and Pulse
内藤瑤子個展|Art and Pulse

作家略歴

1985年生まれ。
神奈川県茅ヶ崎市出身。
高校を自主退学後、独学で絵を描き初める。
2003年に作家活動開始・デビュー。
国内外で個展、グループ展多数。

内藤瑤子オフィシャルサイト
https://yokonaito.info/

〔 主な展示 〕

2007 アートフェア「KIAF」・COEX(ソウル)
2010 アートフェア「+PLUS Tokyo Contemporary Art Fair」/東美アートフォーラム(東京)
アートフェア「Asia Top Gallery Hotel Art Fair 2010」/グランドハイアット香港(香港)
2012 日本民族美術の力4「ときこきまぜる」/羽黒洞木村東介(東京)
個展「チャカ族の暴走」/羽黒洞木村東介(東京)
2015 パークホテル東京「アーティスト・イン・ホテル」プロジェクト参加アーティストルーム「鯉」制作(東京)
個展「MORTALS」/ギャラリーT-BOX(東京)
個展「Lunar Sexual」HIGURE17-15cas 2F(東京)
2017 個展「ーもう何も考えたくないー『否考式』」(東京)
2018 パークホテル東京ART colors Vol.25成田朱希×内藤瑶子「井の底」展/パークホテル東京(東京)
2020 個展「チャカ族の衝動」・パークホテル東京・Corridor Gallery 34(東京)

 

内藤瑶子 個展『ブラブラ・リバティン』 作品の事前申込み

事前申し込みは終了いたしました。