杉山 有希子|Yukiko Sugiyama

  • HOME
  • 杉山 有希子|Yukiko Sugiyama

1985年京都市生まれ。

2011年に金沢美術工芸大学の彫刻専攻 (菅木志雄ゼミ) 修士課程を修了。同年4月から京都市を拠点に作家活動を開始。彫刻家として作品制作をする傍ら、2017年からフォトグラファーとしての活動を始めロサンゼルスへ渡米。翌2018年に国際的な写真芸術祭 KYOTOGRAPHIE KG+Award 2018 にて、自身の「CRASH」シリーズがファイナリスト賞に選ばれる。その後も PARIS PHOTO のサテライトフェア fotofever に出展し、世界的に著名なアートコレクター Jean Pigozzi 氏のコレクションに入る。

2019年10月から今年の1月にかけて、エンジニアでチューリッヒ工科大学でも教鞭をとっている Dr.Moritz Vischer 氏と共同でポップアップギャラリーを立ち上げ、企画展示をスイスのチューリッヒにて開催。またアメリカ・カリフォルニア州にあるカリフォルニア大学サンタ・バーバラ校にて日本人のグループショーに参加。2020年1月にはドイツのコンペティション “The Independent Photographer” でナショナルジオグラフィックのEd Kashi 氏によってファイナリストに選出される。8月からロサンゼルスの SUPERCOLLIDER が運営するVR 3Dギャラリー “Phenomenology of Hope” に出展。11月、Singapore International Photography Festival (SIPF) のプログラムの一つである Silvana S. Foundation Commission Award のファイナリストを獲得。
2021年6月、”The Arctic Circle 2021″ の北極圏レジデンスプログラムにサイエンティストと共同参加予定。

杉山の作品はそれぞれを分けて可視化できるよう近赤外線カメラを使用しているのが特徴である。この撮影技法は植物を白く写し出す効果があり、人工物と植物の物質的な違いを浮き彫りにするだけでなく、朽ちる運命にある”過去の産物”と今を生きる”植物の生命”を対比させる意図がある。

人々が不要と判断し遺棄したこれらのオブジェクトは、役割を終え環境の循環の中へと身を委ねる。その自然のサイクルに埋もれた人工物を可視化していく事で、私達が普段想像する事の無いであろう”その後の世界”は、まるでSFのようなディストピア的な世界でありながら、それは真実の光景である事に気付かされる。杉山は鑑賞者の心に訴えかける為に、これらの人工物である被写体を人の顔や身体に見えるよう撮影している。そして人間中心主義の「次の世界」は既に訪れているはずであり、その後の世界に繋がる光景を、新たな関係性のランドスケープとして、声無きものに耳を傾け、ビジュアルエビデンスによって人々に訴えかけ、未来への意識を共有する為の翻訳者になる事が杉山のテーマである。
これらの作品は世界でも十数台しかないスイス製のUVプリンターで制作しており、その特殊な立体感やテクスチャーは今までに無い写真表現に達している。

Artworkmore|gallery >

杉山有希子|CRASH CA 01

タイトル: CRASH_CA_01
サイズ: 600×900mm
メディア: UVインクジェットプリント
制作年: 2020年

杉山有希子|CRASH CA 02

タイトル: CRASH_CA_02
サイズ: 720×1080mm
メディア: UVインクジェットプリント
制作年: 2020年

杉山有希子|PHASES VLBA 01

タイトル: PHASES_VLBA_01
サイズ: 720×1080mm
メディア: UVインクジェットプリント
制作年: 2020年

Profile

主な個展・グループ展

2017「Avant]{Garden」 グループ展 / Arena1 Gallery / ロサンゼルス・アメリカ
2018「CRASH」 個展 / KYOTOGRAPHIE KG+ Award 2018 / GALLERY TOMO / 京都・日本
2019「KYOTOGRAPHIE KG+ Award 2018 Finalists Exhibition」 グループ展 Presented by SIGMA / アメリカ橋ギャラリー / 東京・日本
「”Miss”iles」 グループ展 / Galerie Kern / チューリッヒ・スイス
「MANUAL TRANSMISSIONS 」 グループ展 / The Glass Box Gallery / カリフォルニア大学サンタバーバラ校 / カリフォルニア・アメリカ
2020「PHASES」 個展 / Galerie Kern / チューリッヒ・スイス
「Phenomenology of Hope」 VR グループ展 / Supercollider Gallery / ロサンゼルス・アメリカ

受賞歴

2018KYOTOGRAPHIE KG+Award 2018 ファイナリスト賞 / 日本
2020The Independent Photographer 「Visual Storytelling Competition」ファイナリスト/ドイツ
Singapore International Photography Festival (SIPF) 「Silvana S. Foundation Commission Award」 ファイナリスト/シンガポール